スタッフブログ

平山 自己紹介へ

家づくり支払いのタイミング

2022/03/09(水) 店長 平山 奨悟Blog

自然素材の家が大手ハウスメーカーより300万円お得!
月々3万円台からの家づくりシャレオハウス
家づくりコンシェルジュのヒラショーこと平山奨悟です♪

 

家づくりで必要な費用は、主に以下の3つになります。

・土地費用
・建築費用
・諸費用

 

土地費用は土地を購入するのに必要な費用のことです。

これには土地代だけではなく、不動産会社に支払う仲介手数料や

所有権を移転する費用も発生します。

加えて道路と高低差があり、土留めが必要な場合や

水道の引込が無い場合は付帯工事費用としてかかってきます。

 

建築費用は建築に必要な費用のことです。

本体工事費に設計料や屋外給排水工事費、

建築の確認申請費や地盤改良工事費のことです。

また、カーポートのようなエクステリア費用も必要になってくるでしょう。

 

諸費用は上記に分類されないが必要になってくる費用のことで

銀行の諸々の手続きに必要な費用、税金や保険料。

引越し費用や火災保険料、不動産登記費用などがこれに当たります。

 

 

□土地費用と建築費用を支払うタイミングはいつ?

まずは土地費用ですが、

土地の売買契約を結ぶ際に土地代の一部を手付金として支払い、

その後残りの代金を精算します。

「土地だけ先行融資」もしくは「つなぎ融資」を利用して

土地代金の支払いをします。

先行融資なら土地の分だけ住宅ローンの返済がスタート

つなぎ融資の場合はつなぎ融資の金利の支払いがスタートします。

 

次に建築費用です。

建物を建築する際に必要になる費用は

工事の進捗に沿って数回に分けて支払われるのがほとんどです。

家づくりでは「契約金」「着工金」「上棟金」「最終金」の4つが必要になることが多いです。

 

工事請負業者と契約を結んだ際に支払うのが契約金です。

基本的には工事請負契約に記載された金額の10パーセント程度ですが、

このタイミングでは住宅ローンが適用されていないことがありますので、

自己資金を充てることが多いです。

 

着工のタイミングで必要になるのが着工金です。

契約金額の30パーセント程度の金額を支払います。

上棟のタイミングでさらに30パーセント程度の金額を上棟金として支払います。

着工金、上棟金に関しては「つなぎ融資」を利用します。

 

そして、最後に残金を最終金として支払います。

 

借入する銀行や工務店のよって

若干の違いはありますが

大まかに上記の流れになります。

 

後から、バタバタしなくてすむように

自分が借りる銀行、そして建てる工務店では

どのような支払いの流れになるのか

住宅ローンの手続きになるのか調べておきましょう!

 

 

モデルハウス紹介動画はこちら!↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

豊橋市、豊川市、田原市、蒲郡市近隣エリアで新築住宅をお考えの方へ

自然素材の家が大手ハウスメーカーより300万円お得!

自然素材ローコスト住宅を手掛ける

月々3万円台からの家づくりシャレオハウスの

モデルハウス見学会開催中です!!

家づくりのご相談は、完全予約制となっております。

お電話 0532-21-5808

もしくはHPからのご予約をお願いします。

 

さらに詳しく知りたい方へ

記事一覧

1ページ (全135ページ中)

ページトップへ