スタッフブログ

河合 自己紹介へ

どうして雨の日は体調不良になりやすいの?

こんにちは!

シャレオハウスコンシェルジュのりょうちゃんこと河合諒治です!

 

最近雨が続いてますね~(;´・ω・)

雨だとなんだか体が重くなったり、

いつもより眠くなっちゃったりしますよね~

僕は雨の日の朝起きるのが大変です(>_<)

 

どうして雨の日だとそうなっちゃうんでしょうか。

気になるので調べてみました!

僕の予想では、雨だと寒くなるから、

調子が悪くなりやすいんだと思います。

 

①太陽が出ない

人間は太陽の光を浴びることによって

体内時計がリセットされるそうです。

雨だとどうしても太陽が出てこないので、

普段よりも体調が崩れやすいんだとか。

 

②面倒事が増える

日常生活やビジネス面での面倒ごとが増えるのも原因の一つ。

交通機関の乱れを加味して少し早起きしなければいけなかったり、

傘という荷物も増え、さらになんとなく体が湿ってしまい、

気分も憂鬱になりがちです。

 

③低気圧だから

雨の日では、低気圧が通過する日です。

低気圧とは、文字通り気圧が下がるため、

頭痛や関節痛、めまいや喘息、古傷の痛みや神経痛が起こってしまうそう。

つまり、心だけでなく体もつらい状態になってしまいます。

 

 

このように、たくさんの理由が

雨の日の体調不良に関わっているみたいです。

うーーん、雨の日、厄介です(;つД`)

 

ただ、「恵みの雨」といった言葉があるように

雨は自然界にとっては生命の源である水を生み出してくれますし、

晴れの日と同じくらいポジティブな出来事ですよね(^^♪

 

また雨音には

精神をリラックスしてくれる効果もあるみたいです!!!

 

少し心や体がつらいときには、

一度目をつむって、ゆっくり雨音を聴いてみるのも

いいかもしれませんね(*´▽`*)

 

記事一覧

1ページ (全95ページ中)

ページトップへ