資金のプロがお手伝い

▼AFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持ったスタッフが資金計画のお手伝い 

資金のプロ・住宅ローンのプロである

AFP・住宅ローンアドバイザーの資格を持ったスタッフが

初めての家づくりを全力でお手伝いいたしします!

 

資金計画から、住宅ローン選び・住宅ローンの申し込みまで全てご一緒に行います!

初めての方でも安心して家づくりを進めることができます。

 

家づくりに役立つ、資金のセミナーも開催中!

 

●住宅ローン次第で600万円も差が出るって知ってますか?

「住宅ローン利用に関するアンケート」に興味深い結果がありました。 
「住宅ローンを決めるのに影響が大きかった情報媒体は?」という質問です。 
結果は… ダントツ1位は、住宅会社不動産会社です。ちょっと驚きです。 
住宅販売業者は銀行と提携していて、ローンを斡旋するケースが多いので、こういう結果が多いだろうと思いますが、
「大丈夫かな?」とも思います。

 当然のことながら住宅販売業者は「住宅や不動産のプロ」であって「住宅ローンのプロ」ではありません。 
これは、住宅ローンを組む側にとってはとても重要なことです。

もっと言うと、住宅営業マンはローンを貸している主体者ではありません。
つまり、極端な話、斡旋をしたローンがその後に延滞になろうが、返済不能になろうが、住宅会社や住宅営業マンの業績にはまったく関係ないのです。

 「住宅営業マンは『住宅のプロ』であって『住宅ローンのプロ』ではない!」ということを理解しておいて、彼らの言うことをそのまま鵜呑みにするのではなく、
しっかりと自分の考えを持った上で判断しましょう。

 
ご存知でしたか?86%の方が住宅ローンで失敗しています。


住宅購入には「住宅ローン」が必要です。でも、住宅ローンを組むと生活が苦しくなりそう。 
住宅ローンを組んでも納得のできる生活がしたい。車も買い換えたい。旅行もしたい…。 
安心してください。シャレオハウスにはファイナンシャルプランナーがいます。
少し勉強するだけで、そんな悩みは解消されます。

 ちょっとお聞きしてもよろしいでしょうか?YES・NOでお答えください。 


Q1.マイホーム「頭金次第!だと思っている」

Q2.住宅ローン「できたら借りないほうがいい!」 
Q3.住宅ローン「できるだけ早く返すもの!」
Q4.住宅ローン「毎月払える額で組むものだ!」 
Q5.ローン金利「一番低いモノがベストっだと考えている」

 

以上の質問に1つでも「YES」なら大きな損をするかもしれませんよ。 
人生で最大の買い物は、「住宅ローン」なのです。

 

例えば…

たった1%の違いで最終的に600万円もの差がでることを・・・ 
86%の人が住宅ローンの借り方で失敗したことを悔やんでいることを・・・

さあ、いっしょに幸せになる住宅ローンの勉強をしましょう♪

 

さらに詳しく知りたい方へ

ページトップへ